銀河系内面の水素の分布などについて勉強した

銀河などについて練習しました。電波を打ち出すのは総じて気体であり、電波測量によって銀河系の気体原材料の分布がわかります。とくに、銀河系の気体の主成分は水素で、中性水素原子からは波長21cmの電波が発光されます。こういう21cmの電波は1951層に最初に測量されて以後、銀河系全体の水素原子の分布を探るのに利用され、水素原子の分布が明らかになりました。水素原子とは、電離していない水素原子のことをいいます。低温の星折雲に数多く含まれます。銀河系のコアはいて座の道筋にありますが、厚い星折物体に妨げられ明かりでは測量できません。そのため、銀河系のコアは電波や赤外線を使って測量したり、近くのアンドロメダ銀河のコアの誕生を参考にして調べられてある。光線日とは、真空中で光線が1日にすすむ間隔が1光線日だ。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがたくさんあったので、知らないことを知れて良かったと思います。